毎日新聞社宇都宮支局の青木支局長(右)から表彰状を受け取る石橋の小林主将=石橋高

21世紀枠本県候補校として表彰された石橋の選手たち=石橋高

毎日新聞社宇都宮支局の青木支局長(右)から表彰状を受け取る石橋の小林主将=石橋高 21世紀枠本県候補校として表彰された石橋の選手たち=石橋高

 第93回選抜高校野球大会(来年3月19日から甲子園球場)の21世紀枠本県候補校に推薦された石橋が9日、県高野連と主催の毎日新聞社から表彰を受けた。関東・東京など全国9地区の候補校各1校は11日に発表され、来年1月29日の選考委員会で出場3校が決まる。

 石橋は秋季県大会の準決勝で作新学院に3-2で競り勝ち、決勝で国学院栃木に5-6で敗れて準優勝。秋季関東大会は1回戦で東海大相模(神奈川)に0-7でコールド負けした。学校周辺の清掃活動や小学生への野球教室も行い、県高野連は「文武両道で好成績を収め、その活動が他校によい影響を与えた」などとして推薦していた。