キャンプで走り込むブラーゼンの選手たち=大分県内(提供写真)

 自転車ロードレースの那須ブラーゼンは9日、2021年シーズンの新加入選手を発表した。オーストラリアの「NEROコンチネンタル」の金子大介(かねこだいすけ)(29)、フランスを拠点とする日本人育成チーム「ボンシャンス」の島野翔太(しまのしょうた)(20)の2人が加わり、今季に続き11人体制で活動する。

 東京都出身の金子は15年Jプロツアー美浜クリテリウム3位など、国内ツアーでの表彰台や海外レース経験があるベテラン。北海道出身の島野は若手成長株で、高校卒業後に渡仏して2シーズンを戦ってきた。