巨大フクロウ像のすすを払う参拝者ら=9日午前、那珂川町矢又

 「フクロウ神社」として知られる栃木県那珂川町矢又の鷲子山上(とりのこさんしょう)神社で9日、高さ約7メートルの巨大フクロウ像のすす払いが行われ、参拝者らは新型コロナウイルス感染症の収束などを願った。

 1年間の苦労をはらい清め来年の幸福(不苦労)を願おうと、「イーフク」の語呂に合わせ毎年12月9日に行っている。

 約80人の参拝者らはフクロウのイラスト入りの黄色いタオルを頭に巻き、新型コロナ感染予防のためマスクと手袋を着用して参加。神事に続き、竹を使って順番に巨大フクロウ像のすすを払った。その後、境内にある約120体のフクロウの石像なども布で拭いて回った。

 初めて参加した宇都宮市雀の宮1丁目、自営業関口日出夫(せきぐちひでお)さん(62)は「今年はコロナで仕事にも大きな影響が出た。来年はいい1年になってほしい」と話していた。