相良会頭(左)から優勝カップを手渡された渡辺さん(日光商工会議所提供)

 【日光】日光商工会議所と足尾町商工会が今秋開催した市内飲食店のオリジナル丼物の食べ比べを楽しむイベント「NIKKO-DONグランプリ」で、今市の「とんかつ一彦(かずひこ)」が作った「ひれ丼」がグランプリに選ばれた。

 イベントは9~11月に実施され、計42店舗が参加した。日光産の食材をテーマに、それぞれの店が独自の丼物を提供。参加店舗で丼物を4品以上食べた人による投票で、グランプリを決めた。投票者は1~3位まで選び、1位には3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイントが与えられ、合計点を競う仕組み。

 投票総数は627票だった。グランプリとなったとんかつ一彦のひれ丼は、最多の129ポイントを獲得した。日光産のブランド豚「日光HIMITSU豚」を使った、同店の定番メニューという。