新産業団地候補地

 壬生町の小菅一弥(こすげかずや)町長は8日、町議会一般質問で新産業団地を「みぶ羽生田産業団地」の東側に整備する方針を明らかにした。町内の産業団地はいずれも分譲が終了し、新たな産業団地の整備が求められていた。整備されれば、町内4番目の産業団地となる。遠藤恭子(えんどうきょうこ)氏の質問に答えた。

 新産業団地の候補地は、みぶ羽生田産業団地と県道を挟んで東側の中泉地区。広さ約20ヘクタールの大部分は山林や田畑で、一部に宅地がある。小菅町長は「地元説明会を開催し、来年度予算に調査費、測量費を計上して事業を推進していきたい」と説明した。