花と苺のフェスティバルのチラシ

 県産の花やイチゴをPRするイベント「花と苺(いちご)のフェスティバル」が今月から来年2月まで毎月2日間、栃木市岩舟町下津原のとちぎ花センターで開かれる。今年は新型コロナウイルスの感染対策のため、開催時期を分散させ、自宅で楽しめる企画も用意した。

 県や農業団体などでつくるフェスティバル実行委員会が主催する。

 開催日は今月19、20日、来年1月23、24日、2月27、28日。期間中は鑑賞大温室「とちはなちゃんドーム」の入場料が無料になり、ドーム内で月ごとのテーマに合わせた花の展示が楽しめる。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったオンライン体験教室(事前申込制)なども実施する。

 今月19、20日の展示は「クリスマス」がテーマ。切り花やイチゴの苗の販売、寄せ植えの体験教室などを行う。オンライン教室の内容は万華鏡作りで、希望者は11日までに同センターへ申し込む。

 (問)実行委員会事務局028・623・2329。