間々田駅東口に飾り付けされたイルミネーション

 【小山】JR間々田駅東口のロータリーで6日夜、イルミネーションの点灯式が行われた。駅周辺の自治会で構成する旭野町地区まちづくり推進協議会が「間々田の玄関口を明るくしたい」と、今年から本格的に実施することを決めた。瀬戸房雄(せとふさお)会長(70)は「駅周辺が明るくなって『いい町になったな』と思ってもらえれば」と期待している。

 昨年、西口で実験的に行ったところ好評だったため今年は東口にも拡大。発光ダイオード(LED)電球は協議会で購入したほか、一部を市から借り受け、自治会の班長らがロータリーの植木などに飾り付けた。