J2第39節の栃木SCは6日、県グリーンスタジアムで群馬と2-2で引き分けた。通算成績は14勝12分け13敗の勝ち点54で順位は11位のまま。水戸、群馬と争った北関東ダービーは水戸が優勝し、栃木SCは2位に終わった。

 栃木SCは前半立ち上がりから細かいパスを駆使する群馬に押し込まれ、30分には相手FWにFKを直接決められ先制点を献上した。それでも後半7分にはMF岩間雄大が同点のミドルシュート。14分には途中出場のMF山本廉のミドルシュートで勝ち越した。このまま逃げ切るかに思われたが、45分にクロスのこぼれ球を押し込まれ土壇場で追い付かれた。

 次戦は13日午後2時から、金沢市の石川県西部緑地公園陸上競技場で金沢と対戦する。