プレミアリーグ昇格に向け練習に励む矢板中央の選手たち=矢板中央高東泉グラウンド

 サッカーのユース年代が集まる高円宮杯U-18リーグ「プリンスリーグ2018関東」で、矢板中央高が開幕から5連勝を飾り、首位を独走している。昨冬の全国高校選手権で4強入りした主力が半数近く残り、コンパクトで攻守の切り替えが早いサッカーは健在。県勢初となる最高峰プレミアリーグ昇格に向けて、チームの士気も高まっている。

 U-18リーグの中でプリンスは「プレミア」に次ぐ2部の位置付けで、全国9地区に分かれて行われている。関東は高校やJリーグ下部組織など1都7県の計10チームが出場。4~12月に2回戦総当たりで行い、上位3チームに入った上で他地域との参入戦に勝てば、プレミアに昇格する。