「フード・アクション・ニッポンアワード2020」で100選に選ばれた「ベッピンコーラ」

 小山市特産のハトムギを使い、食品や化粧品を商品化する食・メディア(小山市駅南町1丁目、牧田泰子(まきたたいこ)社長)の炭酸飲料「ベッピンコーラ」が、農林水産省主催の「フード・アクション・ニッポンアワード2020」で入賞100産品に選ばれた。

 アワードはコロナ禍の時代、地域の新しい逸品を消費者に届けることをコンセプトに、全国から1019産品の応募があった。書類選考で100産品が選ばれた。12月の2次選考などを経て、来年1月26日に最終選考結果が発表され、表彰式がオンラインで行われる。