小山市を拠点に子ども向けの野球アカデミーを展開するエイジェックスポーツマネジメント(東京都千代田区、古後昌彦(こごまさひこ)社長)は4日、来年4月にプロ野球選手輩出を目的とした専門スクール「NPB養成専門アカデミー(トレーニング・プロフェッショナル・アカデミー)」を開校すると発表した。他リーグに所属していない高卒以上が対象で、元日本野球機構(NPB)選手が指導に当たる。学校法人やクラブチームではない、野球の専門スクールを立ち上げるのは全国で初めて。

 同社は独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)を運営するエイジェックのグループ会社。ドラフト会議で指名されず、独立リーグ入りも逃したアマチュア選手にNPBを目指す機会を提供しようとアカデミーを立ち上げた。