県内の新型コロナウイルスの感染者数

4日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 4日発表の新型コロナウイルス感染者

 県と宇都宮市は4日、栃木や足利など6市町在住の10歳未満~80代の男女計17人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は小山署に勤務する警察官。いずれも重症化していない。県内の感染者数は計719人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 小山市在住の20代女性警察官は、2日に陽性が確認された80代女性の孫。80代女性はクラスター(感染者集団)が発生した足利市の有料老人ホームに勤める職員の母で、職員と警察官の接触はなかったという。クラスター関連の感染者は計26人となった。

 佐野市在住の80代女性2人は、同市内の社会福祉施設の利用者。同施設からは2日、男性職員1人の感染が判明していた。施設の職員と利用者は計数十人程度で、4日までに全員の検査を完了した。

 足利市在住の10代女性は県内の高校に通学。11月22日にせきなどの症状が出て、その後24日~12月2日の7日間登校していた。弟の10歳未満男児も同市内の小学校に登校しており、両校での対応を協議中という。

 県と宇都宮市は4日、計90件を検査(委託分は未集計)。累計検査件数は5万6488件、退院者は571人、入院者は148人、重症者は9人。