社会福祉法人「瑞宝会」が運営する宇都宮市西刑部町の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者男性(28)が重傷を負った事件で、栃木市内の同法人の施設でも入所者に暴行したとして、宇都宮地検は31日、暴行罪で同法人元職員の宇都宮市、無職の女(25)=傷害罪で起訴=を追起訴した。

 起訴状などによると、8月23日午後5時ごろ、栃木市都賀町合戦場の知的障害者支援施設「カーサ・エスペランサ」1階食堂で、入所していた無職女性=当時(57)=の顔を平手打ちした上、床に横たわった女性の腰に膝を押しつけるなどの暴行を加えたとされる。

 同施設の事件を巡っては、女性の腰などに約20日間のけがをさせたとして、県警が23日、傷害容疑で追送検していた。