新商品の試作品を渡辺さん(左)に説明する真岡北陵高の生徒

 真岡北陵高の生徒9人と教諭らが4日、真岡市久下田の道の駅にのみやを訪れ、イチゴを使った新商品の試作品3点とレシピを同道の駅に提案するとともに、自校で製造したブルーベリージャムの販売を同道の駅で始めた。

 食品科学科の生徒が2年前に考案したイチゴの杏仁(あんにん)豆腐が同道の駅で店頭販売されており、好評という。今回は同科の3年生が新たな商品として、大粒のスカイベリーを挟んだどら焼きと、冷凍イチゴの果肉を練り込んだスコーンとマフィンを考えた。