オープンしたゲレンデを滑走するスキーヤーら=4日午前11時10分、那須塩原市湯本塩原

 栃木県那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」が4日、今季の営業を始めた。

 県内のスキー場では最も早いオープン。長さ600メートルの上級コース「ウォールストリート」で開業した。年内の全コースオープンを目指している。

 同スキー場によると、今年は11月10日から人工降雪機を稼働。同月後半が例年と比べ暖かかったため、営業は予定日から6日遅いスタートとなった。

 この日はリフト運転が始まる午前9時前から乗り場にスノーボーダーやスキーヤーらの列ができた。来場者は幅約45メートルのコースを滑走して楽しんだ。スノーボード歴3年の那須町、会社員古川理季也(ふるかわりきや)さん(25)は「雪の状態が良くて気持ちいい」と満喫していた。

 営業は来年4月4日までの予定。