県内上場企業2020年8、9月連結中間決算

 県内の上場企業14社の2020年8、9月中間決算が3日までに出そろった。経常損益ベースで赤字となったのは前年同期に比べ1社増の3社となり、減益が3社減の6社だった。売上高が減少したのは2社増の10社だった。新型コロナウイルスの感染拡大が経営に大きく影響した。一方、増収増益(黒字化含む)となったのは2社増の4社。生活必需品の売り上げや巣ごもり消費による需要増などで売り上げが伸び、利益を押し上げた。

 赤字化したのは元気寿司、フライングガーデンの外食産業2社など。国の緊急事態宣言に伴う外出自粛で特に4、5月に来店客が激減したことで、売り上げが落ち込んだ。