県内の新型コロナウイルスの感染者数

3日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 3日発表の新型コロナウイルス感染者

 県内では3日、新たに14人の新型コロナウイルス感染が確認され、累計感染者数は702人となった。11月27日に600人を超えてから、わずか6日間で700人を突破した。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 県と宇都宮市によると、14人は足利や佐野など5市在住の10~70代の男女。足利市の有料老人ホームのクラスター(感染者集団)関連では、新たに職員の家族1人の感染が確認された。

 同じくクラスターが発生したグループホームでも、職員の家族2人が感染した。うち1人は11月23日に発熱や頭痛の症状が出ていた。

 小山市の職場でのクラスター関連では、家族3人の陽性が判明した。うち栃木市在住の男子児童が通う小学校は4日、消毒作業のため休校し、7日から通常通り授業を行う。

 感染者の増加に歯止めがかかっておらず、相次ぐクラスターのほかに、県外の陽性判明者との接触や家族間での感染も目立っている。県は、飲酒を伴う懇親会や狭い空間での共同生活など、感染リスクが高まる「五つの場面」を挙げ、改めて注意を促している。

 県と宇都宮市は3日、計183件を検査(委託分は未集計)。累計検査件数は5万6302件、退院は564人、入院は138人、重症は7人。