J2第38節の栃木SCは2日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで新潟と対戦、2-2で引き分けた。通算成績は14勝11分け13敗の勝ち点53で、順位は11位のまま。

 栃木SCは前半41分に右からのグラウンダーのクロスを相手MFに合わされ、先制点を献上した。それでも後半2分にはFW山本廉のシュートを相手GKがはじいたところを途中出場のFW矢野貴章が詰めて同点。4分後には山本の右クロスをMF森俊貴が右足で押し込んで勝ち越しに成功した。その後は押し込まれながらも粘り強く守っていたが、ロスタイムに中央エリアでパスをつながれ同点ゴールを許した。

 栃木SCの次戦は6日午後2時から、県グリーンスタジアムで群馬と対戦する。