イチゴクイズなども行われた今年の「いちごのもり」

 【鹿沼】「いちご市」をアピールするイベント「いちごのもり」が来年2月、市内のイチゴ関連商品を取り扱う店舗を巡るスタンプラリー方式で実施される。過去3回は市花木センターを会場にイベントを開催してきたが、主催する市は新型コロナウイルスの感染防止のため「密」を避けることにした。

 鹿沼そば振興会26店舗による「そば天国」も感染防止のため現在、スタンプラリーを実施しており、いちごのもりは第2弾となる。

 2016年にいちご市宣言した市が、イチゴを使った新作メニューを作り盛り上げていこうと18年に初めて開いた。スイーツ、飲食店、雑貨店など約30の店舗が参加。19年は約40店舗に増えた。