2019年分収入額上位の政治団体(政党以外)

 県選管が30日に公表した2019年政治資金収支報告書によると、政党を除く政治団体のうち、繰越金を除く収入が最多だったのは板橋一好(いたばしかずよし)県議(小山市・野木町選挙区)の「板橋一好後援会連合会」だった。前年比124万円減の5746万円で、最多は3年連続となった。上位団体の主な収入は政治資金パーティーや寄付によるものとなっている。

 同連合会は板橋県議の資金管理団体。板橋県議が代表を務める自民党県小山市・野木町第4支部から3909万円の寄付を受けた。2位は佐藤勉(さとうつとむ)衆院議員の「佐藤政経懇話会」で3675万円。政治資金パーティーの収入が3391万円と大部分を占めた。