須田消防長(左)に新車両の鍵を手渡す広瀬市長

 【下野】石橋地区消防組合消防本部は化学消防ポンプ車を更新し、このほど石橋消防署で配車式を行った。同組合管理者の広瀬寿雄(ひろせとしお)市長が、須田実(すだみのる)消防長に新車両の鍵を手渡した。

 前の車両が配備から20年経過し老朽化したため、多様化する各種災害に対応できる車両に更新した。新しい車両は、消防ホースなどを運ぶ「ホースカー」が電動化され、有害なガスなどを排除する「ブロアー」を新しく装備した。

 車両の大きさは、狭い道でも消火活動に支障がでないよう前の車両に比べ小型化している。車両価格は8400万円。

 あいさつした広瀬市長は「多岐にわたる災害に対応できる機材の配備が必要なのは当然だが、それを活用できる人間があってこそ。しっかり訓練を積んでいただきたい」と激励した。