後半7分、栃木SCのFW明本が相手GKの股を抜く先制ゴールを決める=県グリーンスタジアム

後半7分、栃木SCのFW明本がゴールを決め仲間に駆け寄る=県グリーンスタジアム

後半7分、先制ゴールを決め、仲間に祝福される栃木SCのFW明本(中央)=県グリーンスタジアム

来季からのトップチーム昇格をサポーターに報告する栃木SCユースの小堀=県グリーンスタジアム

後半7分、栃木SCのFW明本が相手GKの股を抜く先制ゴールを決める=県グリーンスタジアム 後半7分、栃木SCのFW明本がゴールを決め仲間に駆け寄る=県グリーンスタジアム 後半7分、先制ゴールを決め、仲間に祝福される栃木SCのFW明本(中央)=県グリーンスタジアム 来季からのトップチーム昇格をサポーターに報告する栃木SCユースの小堀=県グリーンスタジアム

 明治安田J2第37節最終日は29日、各地で残り9試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで山口を2-0で下し、2連勝を飾った。通算成績は14勝10分け13敗の勝ち点52。順位は11位に浮上した。

 栃木SCはFW大島康樹(おおしまこうき)が5試合ぶりに先発。序盤から前線にロングボールを蹴るシンプルな攻撃を展開した。10分に右サイドから切り込んだFW明本考浩(あきもとたかひろ)、18分にMF森俊貴(もりとしき)が放ったミドルシュートはいずれも相手DFにブロックされた。以降は相手の速いパス回しに押し込まれたが、最終ラインを中心に体を張って防御。0-0で前半を折り返した。

 後半は7分に中央エリアでFKを獲得し、素早いリスタートにFW明本考浩(あきもとたかひろ)が反応。DFラインの背後でボールを収め、そのままゴール左隅へ流し込んで先制した。35分にはカウンターで抜け出した明本からパスを受けた途中出場のFW矢野貴章(やのきしょう)が冷静にゴール右隅へシュートを蹴り込み、試合の行方を決定付けた。

 栃木SCの次戦は12月2日午後7時から、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで新潟と対戦する。