サッカーJ2第37節の栃木SCは29日午後4時から、県グリーンスタジアムで最下位の山口と対戦する。今季も残り6試合と最終盤に差しかかるが、「限りなく上位を目指すため、一戦一戦に全力を尽くす」と語る田坂和昭(たさかかずあき)監督をはじめ、12位からの浮上を目指すチームの士気は高い。連勝が求められる一戦だ。

 前節は岡山に3-2で逆転勝ちし、連敗を3でストップ。二度にわたってリードを奪われながら、後半16分にFW有馬幸太郎(ありまこうたろう)、34分にDF田代雅也(たしろまさや)のゴールで同点。最後は42分にはカウンターで攻め上がったFW矢野貴章(やのきしょう)が決勝弾を突き刺した。通算成績は13勝10分け13敗で勝ち点49。