栃木選抜-山梨選抜女子1回戦 前半19分、栃木選抜の渡辺(中央)がシュートを決める=日立体育館

 ハンドボールの関東中学生大会は28日に開幕。栃木市の日立体育館ほかで男女1回戦を行い、女子の本県選抜が山梨選抜に18-17で競り勝ち、4強入りした。男子は埼玉県の第2チームにあたる「さいたま選抜」に23-25で惜敗した。

 女子は17-17の同点で迎えた後半終了間際、柿沼帆南(かきぬまほなみ)(大平南)が決勝点を決め劇的な勝利をつかんだ。男子は鈴木知隼(すずきちはや)(石橋)のシュートなどでリードしたが終盤に21-21の同点に追い付かれ、7メートルスローコンテスト戦の末2-4で敗れた。その後行われた敗者戦では山梨を26-20で下した。

 今大会は無観客で行われ、出場辞退した千葉県をのぞく1都6県の選抜チーム男女各8チームがトーナメントで優勝を争う。大会最終日は29日、同体育館ほかで行われ、女子の本県選抜は、準決勝で神奈川選抜と対戦する。