「栗のモンブラン」(手前)と「ブラックペッパーのチーズケーキ」(奧)。カフェラテ(550円)は可愛いラテアート付き

 店に初めて行ったのは、15年ほど前。おしゃれな店内を見て、「地元にこんなにすてきなカフェがあるなんて」と心が躍ったのを覚えている。

Web写真館に別カットの写真

 店は2002年11月にオープンし、今月で丸18年を迎えた。結婚を機に宇都宮へ移り住んだオーナーの佐々木(ささき)今日子(きょうこ)子さん(42)は「当時、周辺には飲食店が少なく、同世代のOLさんたちに夢のあるランチタイムを過ごしてほしかった」と開業理由を振り返る。

 店自家製のスイーツは常時10種類程度を用意。チョコレートケーキやプリンなど定番も気になるが、味が気になる「ブラックペッパーのチーズケーキ(650円)」と「栗のモンブラン(650円)」を頼んだ。

 モンブランは12月末までの季節限定ながら、一年を通じて問い合わせがある人気商品。濃厚な栗のペーストとフレッシュな生クリームに食べる手が止まらない。ずっしりとしたチーズケーキは、上に乗った黒こしょうがピリッと効いた大人の味わいで、ワインのおつまみとしても人気だ。

 スイーツはカフェタイム(午後3時~6時)にドリンクとの注文で100円引き。12月にはとちおとめのスイーツも登場するので、こちらも楽しみだ。

 ◆メモ 宇都宮市大通り1の1の3▽営業時間 午前8時~午後9時(日曜は午後5時30分)。ラストオーダー午後8時(日曜は5時)▽定休日 月曜▽(問)028・621・1010