野菜天ぶっかけ

草庵の外観

野菜天ぶっかけ 草庵の外観

 のどかな田園地帯を車で走っていると、「下野うどん 草庵(そうあん)」と書かれた大きな看板が目に入る。靴を脱いで店内に入ると、地元の家族連れや年配の夫婦でいっぱいだ。

 1番人気は「野菜天ぶっかけ」(850円)。大きめにカットされたニンジンやナスなどの天ぷら7種が彩りよく盛り付けられ、食べる前から浮き浮きしてしまう。ショウガや大根おろしなどの薬味でさっぱりと食べられ、女性に好評だ。

 店主の草川信(くさかわまこと)さん(62)は高知県出身。仕事の関係で30年ほど前、本県に移り住み、脱サラして7年前に同店を開業した。

 「麺のもちもち感にはこだわっています」と草川さん。小麦は香川県産「さぬきの夢」と足利市産「ゆめかおり」を中心に数種類を使用している。甘めのつゆは「カツオといりこを両方使っているので、関西風と関東風の中間くらいの味」という。

 食べ応え抜群の「とり天ぶっかけ」(800円)やスパイスをふんだんに使った「カレーうどん」(900円)も人気。ぶっかけうどんは100円追加で、くるみと赤白ワインを合わせたクリーミーなくるみ汁に変更できる。

 ◆メモ 下野市下長田146。午前11時~午後2時。月、火曜定休(祝日の場合は営業)。(問)090・1429・6580。