年間王者に輝いたドライバーの鶴賀(左から2人目)ら「栃木トヨタ T2ファクトリー」のメンバー=ツインリンクもてぎ

 全国の自動車ディーラーのメカニックらが腕を競う国内レースのシリーズ戦で、栃木トヨタのチームが参戦5年目で初の年間王者に輝いた。市販車ベースの同一車種で争う国内最大規模のレースで、ドライバーがアマチュアに限られるクラスでの頂点。関係者らは「誇らしい結果で自信になる。来季は上位シリーズへの参戦も検討したい」と喜んでいる。

 優勝したのは同社社員だけで組織する「T2ファクトリー」。トヨタ86とスバルBRZの“兄弟車”のみで競う「トヨタGAZOO Racing 86/BRZレース2020」のうち、クラブマンシリーズエキスパートクラスを制した。

 新型コロナウイルスの影響で全8戦中5戦に縮小される中、10月の岡山のレースで今季初優勝。11月22日にツインリンクもてぎで行われた最終戦でも出走30台中で3位に入るなどし、安定した走りでポイントを重ねた。