ドラフト指名漏れの悔しさをバネに独立リーグからのNPB入りを狙う青藍泰斗高の石川=同校室内練習場

 県高校球界屈指の強打者として注目されながらも10月26日の日本野球機構(NPB)ドラフト会議で指名漏れとなった青藍泰斗高の石川慧亮(いしかわけいすけ)外野手=173センチ、81キロ、右投げ右打ち=が、ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブス(GB)の特別合格選手となり、練習生として仮契約を結んだ。夏のプロ志望高校生合同練習会で本塁打を放つなど将来性豊かなスラッガーは「今まで以上に練習に打ち込んで開幕までに選手契約を結びたい。1年でNPB入りを目指す」と意欲を燃やしている。

 特別合格はBCリーグ独自のシステム。主催するトライアウトへの参加を申し込んだ選手があらかじめ希望球団を選択し、その球団に獲得の意思があった場合、優先的に交渉権を得られるというもの。