まちなかをキックバイクで全力疾走 宇都宮 2~6歳児の100人競う

 【宇都宮】ジャパンカップキックバイク大会(ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会主催)が14日、オリオンスクエアとオリオン通りで開かれ、2~6歳児約100人が、会場を駆け抜けた。

 大会は初開催で、20日から始まる本番を前に、あらゆる世代でイベント成功への機運を盛り上げることが目的。この日は、市中心部に最長150メートルのコースを設置。子どもたちは愛用のキックバイクにまたがり、力いっぱい地面を蹴り、上手にカーブを曲がって順位を競った。通行人や保護者から「頑張れ」と大きな声援が送られた。