アユすむ環境学ぶ アクアフェスに親子ら100人 大田原

 【大田原】自然の恵みに感謝しながら自然環境を守る「アクアソーシャルフェス‼プレゼンツ~那珂川クリーンアッププロジェクト」(下野新聞社主催、県なかがわ水遊園共催、トヨタ自動車協賛)が14日、佐良土の県なかがわ水遊園東側の那珂川河川敷で開かれた。

 同フェスは清流那珂川の魅力と環境保全の大切さを知ってもらおうと年2回実施。親子ら約100人が河川敷でごみを拾った。その後、同園釣り池指導員江連次雄(えづらつぎお)さん(69)による投網漁の実演を見学。炭火で焼かれたアユに舌鼓を打った。