自民党県連役員と総裁の菅首相との間で行われたリモート対話=23日午後、宇都宮市本町

 自民党県連は23日、党総裁の菅義偉(すがよしひで)首相とリモート対話を行い、新型コロナウイルス対策の拡充や防災減災対策の継続を要望した。

 県連からは木村好文(きむらよしふみ)幹事長、螺良昭人(つぶらあきひと)幹事長代行、日向野義幸(ひがのよしゆき)筆頭副幹事長が出席した。菅首相は冒頭のあいさつで、新型コロナへの対応を説明し「年末に向けた経済対策、補正予算では各地域の意見を聞きながら具体策をつくっていきたい」と述べた。