3年ぶりに孔子廟で行われた伝統行事「釋奠」

 【足利】儒学の祖・孔子や弟子ら先人の功績に感謝し供物をささげる市指定民俗文化財「釋奠(せきてん)」が23日、昌平町の史跡足利学校大成殿で行われた。

 大規模修理を終えた大成殿で行うのは3年ぶり。孔子像と同学校創立者の一人に挙げられる平安貴族小野篁(おののたかむら)像を前にした厳かな儀式を、関係者や観光客ら約50人が見守った。