延長4分、バックスのFW古橋(中央)が敵陣ゴール前に攻め込む=日光霧降アイスアリーナ

第3ピリオド5分、バックスの寺尾(中央)がゴール前へ攻め込む=日光霧降アイスアリーナ

試合終了後、リンクに登場してファンに手を振るバックスの寺尾=日光霧降アイスアリーナ

延長4分、バックスのFW古橋(中央)が敵陣ゴール前に攻め込む=日光霧降アイスアリーナ 第3ピリオド5分、バックスの寺尾(中央)がゴール前へ攻め込む=日光霧降アイスアリーナ 試合終了後、リンクに登場してファンに手を振るバックスの寺尾=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は22日、各地で2試合を行い、HC栃木日光アイスバックスは日光霧降アイスアリーナで王子と対戦し、ペナルティーショット(PS)戦の末に3-4で競り負けた。通算成績7勝5敗でリーグ3位に後退した。

 バックスは第1ピリオド1分27秒、パワープレー(PP)の好機で相手GKのはじいたパックをFW牛来拓都(ごらいたくと)が押し込んで先制。9分28秒にもPPからFW鈴木健斗(すずきけんと)が追加点を挙げた。15分にキルプレーから1点を返され、第2ピリオドは中盤までに2失点して逆転されたが、18分6秒にFW古橋真来(ふるはしまくる)がゴール前の混戦から同点弾を決めた。3-3のまま突入したPS戦では相手が2人目まで決めたのに対し、バックスは4人連続で失敗した。

 次戦は28日午後2時から、同会場で横浜と対戦する。