絶妙な焼き加減で仕上げられた北海道産子羊のロースト(手前)とトマトソースのパスタ

 清住地区の閑静な住宅街にたたずむイタリア料理店。高校卒業後、都内のイタリア料理店で修業を重ねた高橋亮太(たかはしりょうた)シェフ(35)が5月にオープンした。

Web写真館に別カットの写真

 お薦めは、「北海道産子羊のロースト」(税別3100円)。塩とこしょうのみで仕上げており、好みでレモンやわさびを付けて食べる。じんわり加熱された肉は柔らかく、かむほどうま味が口に広がる。脂は甘みがあり、脂身が苦手な人でも楽しめる。

 イタリアンで外せないメニューといえばパスタ。「ベーコンとタマネギのトマトソース~焼きチーズのせ~」(同1480円)は、トマトソースと、とろっとしたモッツァレラチーズが麺に絡み、濃厚な味わいだ。香り高いニンニクが食欲を刺激し、箸が進む。

 アルコールは、料理を引き立てるため、甘めのイタリアンワインがメインでそろう。

 「おいしい」を追究し続けた高橋さんだが、「1度は料理人の道を諦めたこともあったんですよ」。念願の自店を構えてからは、次々と新メニューを考案しており、「こだわり抜いた旬の食材が生きる調理法や味付けで、料理を提供したい」と腕が鳴る。

 ◆メモ 宇都宮市小幡2の7の5▽営業時間 午前11時~午後2時、同5~10時ラストオーダー▽定休日 火曜▽(問)028・666・7025