美容師目指す受刑者、職業訓練の成果競う 栃木刑務所

 【栃木】栃木刑務所(惣社町、女子刑務所)で10日、受刑者が職業訓練で習得した技術を競う「第50回東京矯正管区技能競技大会栃木分科会」が開かれた。

 県美容業生活衛生同業組合永井静子(ながいしずこ)理事長らが審査を担当し、今年は美容師の免許取得を目指す訓練生1、2年計8人が出場した。

 各30分の制限時間で、2年はくしと指を使いレトロな雰囲気に仕上げる「オールウエーブ」、1年はパーマをかける際に必要な技術「ワインディング」などに取り組んだ。