アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は21日、各地で2試合を行い、HC栃木日光アイスバックスは日光霧降アイスアリーナで王子と対戦し、2-6で敗れた。通算成績は7勝4敗で順位は2位のまま。

 バックスは第1ピリオドに2度のキルプレーでいずれも失点を喫し、17分にも追加点を献上。第2ピリオドも2失点して突き放された。第3ピリオド1分13秒、パワープレーの好機でFW鈴木雄大が決め、12分21秒にもDF相馬秀斗がミドルシュートで2点目を挙げたが及ばなかった。

 次戦は22日午後2時から、同会場で王子と対戦する。