太田家住宅の見世蔵および主屋=20日午後、佐野市大和町

 国の文化審議会(佐藤信(さとうまこと)会長)は20日、佐野市大和町の太田家住宅見世蔵および主屋(しゅおく)など同住宅関連の7件を含む計104件の建造物を国登録有形文化財に登録するよう萩生田光一(はぎうだこういち)文部科学相に答申した。本年度内に答申通り告示され、県内の国登録有形文化財(建造物)は258件となる。

 佐野市によると、太田家は1846(弘化3)年、呉服・太物(ふともの)店を創業。昭和期には佐野信用組合を設立し佐野信用金庫への転換を図るなど地域金融の発展に尽力した。