抹茶と白玉クリームあんみつ

合掌造りの店内

抹茶と白玉クリームあんみつ 合掌造りの店内

 交通量の多い大通りから細い路地へ入り、古い専門店などが並ぶ下町風情の一角にある古民家のカフェギャラリー。

 「とびきりの時間 ここにあります」がコンセプトで、手彫り大谷石の土台にしっくいの壁、合掌造りの木組みの空間が「癒やし」を提供する。戦後建てられた陶磁器を保管する蔵をリフォームしてオープンした。

 この空間の中で味わう甘味がこのカフェの醍醐味(だいごみ)で、抹茶と白玉クリームあんみつ(税込み880円)が人気。手作り寒天は食感が良く、沖縄産の黒糖を使った黒蜜は深みのある味わい。白玉の上には厳選された粒あん、下にはこしあんが隠れている。イチゴやキウイなど季節のフルーツが彩りを添える。宇治抹茶との相性は抜群。器の店が経営しており、茶わんなどは九州の波佐見や有田の陶磁器を使用している。

 あんみつ(480円)や田舎しるこ(580円)のほかにランチ(コーヒー、甘味付き1100円)も提供。ウドやカキナなど季節の食材を使った煮物などの家庭料理が味わえる。

 永見由美子(ながみゆみこ)店長(67)は「斬新な空間の中で、おいしいものをゆっくり味わってほしい」と話す。

 ◆メモ (カフェギャラリーゆず)宇都宮市一番町2の17▽営業時間 午前10時半~午後6時半(ラストオーダー6時)▽日曜定休▽(問)028・633・3574