ランチミールス

古民家を生かした落ち着いた店内

ランチミールス 古民家を生かした落ち着いた店内

 鹿沼版地域おこし協力隊員の上杉龍矢(うえすぎたつや)さん(31)がオーナーシェフを務める南インドカレー専門店。昨年12月に築100年以上の空き家を改装してオープン。会員制交流サイト(SNS)などでも紹介され、遠方からの女性客も来店しにぎわう。

 平日のランチミールス(税込み1100円)とセットドリンクのスパイスチャイ(同200円)がお薦め。2、3種のカレーと副菜5種、スープ、ヨーグルト、パパド(豆せんべい)が付く。上杉さんは「いろいろ混ぜて食べるとより違った味が楽しめる。それぞれがスパイスなどで調和されており、けんかをしない」という。

 数年前に足を運んだインドの家庭で南インドカレーに出合った。コメが主食、具は野菜や豆がメイン。理学療法士、食養生コーディネーターの資格を持つ上杉さんにとって、目指している「心と体が健康になれる」カレー、優しい味だった。添加物や既存のルーは使わず、約30種のスパイスと天然海塩で味付けをする。

 食べ方や味付け、食事療法などについて客と話し込むことも。上杉さんは「新たな商品開発、レシピと健康をテーマとした本を出版したい」と目標を掲げる。

 ◆メモ 鹿沼市末広町1916▽営業時間 午前11時半~午後2時半、同5時半~8時半(それぞれ30分前ラストオーダー)▽定休日 月、火曜と日曜のディナー▽(問)0289・88・9064。