福来べーさん

豊富な創作和菓子が並ぶ店内

福来べーさん 豊富な創作和菓子が並ぶ店内

 かんぴょうの原料になるユウガオの実「ふくべ」をかたどったユニークな形の焼きまんじゅう。皮の中には練乳を加え甘さ控えめに仕上げた白あんと、細かく刻んだ町産の「甘煮かんぴょう」が入る。あっさりとした後味とともに、かんぴょうが口の中に残る独特の食感だ。

 「福来(ふく)べーさん」(税込み130円)は約15年前、町産かんぴょうを使った商品ブランド「夕顔家族」立ち上げに合わせて、店主の菊地秀行(きくちひでゆき)さん(56)が開発した。現在は上三川らしい商品として定着し、手土産用などで町民に愛されている。

 水で戻した町産かんぴょうは細かく刻み、砂糖で煮詰めてから一晩寝かせる。翌日白あんに練り込み、特注の型で焼き上げて完成。素材を生かすために手間と時間を惜しまない。

 同商品のほか、イチゴなどの町産食材を使った創作和菓子や、季節を感じる生菓子も豊富。菊地さんは「地元の歴史や食材をさらに研究し、新商品も開発したい」と力を込めた。

 ◆メモ 上三川町上三川4870▽営業時間午前9時~午後6時▽火曜定休▽(問)0285・56・2160。