にぎり寿司セット

温かい笑顔で出迎える本沢さん

にぎり寿司セット 温かい笑顔で出迎える本沢さん

 人口規模に対してすし店が密集し、意外にも激戦区である上三川町。歴史ある店が多く、創業31年目を迎えた今も町内では“新参者”だ。

 ランチは11種類取りそろえ、特に人気なのが「にぎり寿司セット」(税込み1100円)。にぎり9貫に小鉢とおわん、サラダとおしんこがセットになり、食後にはコーヒーか紅茶も付く。この日は中トロ、赤身、イカ、ホタテなどが並んだ。鮮度にこだわったネタはどれも上質。芳賀町産のコシヒカリを使い、やや甘めに仕上げたシャリが、素材の甘みやうまみを引き立てている。丁寧な仕事に職人技が光る。

 店主の本沢宏行(ほんざわひろゆき)さん(58)は「ランチも夜と一緒。手は抜けない」と話す。素材の鮮度には特にこだわり週2回、自ら宇都宮の市場に足を運ぶ。

 すし激戦区だけに、開店当初は客を付けるのに苦労したという。「お客さんを大切に、この人はどういう人か見ること」をモットーに、地域で愛される店を作り上げた。近年は若いカップルなど、客層も多様化しているという。「来てもらって断るのは申し訳ない。ぜひ電話予約を」と呼び掛けた。

 ◆メモ 上三川町上蒲生2289の1▽営業時間 午前11時半~午後1時半、午後5~10時。▽月曜定休(火曜はランチ休み)▽(問)0285・56・2378。