日本バスケットボール協会は18日、新型コロナウイルスの影響により、今月下旬に開催予定だった男子の2021年アジア・カップ予選が延期されたと発表した。国際連盟(FIBA)から通達を受けた。日本は27日にマレーシア、29日に中国と対戦予定だった。今後の代替日程などは未定。

 また、男子日本代表の強化合宿実施も発表した。18日~26日に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、本県関係ではB1宇都宮ブレックスから比江島慎(ひえじままこと)(30)、竹内公輔(たけうちこうすけ)(35)、ライアン・ロシター(31)が選出された。日光市出身でB1富山の橋本晃佑(はしもとこうすけ)(27)も招集された。