日替わりランチ

温かい雰囲気の店内

日替わりランチ 温かい雰囲気の店内

 「このドアの向こうには愛があります」と書かれた札の掛かる扉を開けると、温かい雰囲気の店内と愛情がこもった手料理が出迎えてくれる。

 日替わりランチ(税込み980円)は、和食を中心とする6~7品ほどのおかずにご飯とみそ汁、食後のコーヒーとデザートまで付く。この日は主菜の春巻きのほか、ゴーヤーのつくだ煮、セロリと油揚げの煮付け、自家製バジルソースのパスタなど計8品が並んだ。どれも家庭的で、ほっとする優しい味わいだ。

 料理は全てオーナーの横山(よこやま)トシエさん(74)が毎日手作りしている。前日の夕方から仕込みを始め、開店までに最後の仕上げを行う。主菜だけでも40種類ほどのレパートリーがあるという。既製品を使わないため非常に手間が掛かるが、「手を抜いたらお客さんは来ない。日々努力」と謙虚に話す。横山さんの手料理を楽しみに、近所の主婦ら常連客が足しげく通う。

 今年で創業43年目を迎えた。「初心を大切に、おごらないこと」をモットーに店を切り盛りしてきた。「まだまだ途中。最後に悔いがないようにやって、喜んでもらいたい」と意欲は尽きない。

 ◆メモ (めるし)下野市石橋779の1▽営業時間 午前11時~午後5時(ランチは午前11時半~午後3時)▽月曜定休▽(問)0285・53・3048。