川面を彩るちょうちんの明かり

川面を彩るちょうちん

川面を彩るちょうちんの明かり

川面を彩るちょうちんの明かり

川面を彩るちょうちんの明かり 川面を彩るちょうちん 川面を彩るちょうちんの明かり 川面を彩るちょうちんの明かり

 【栃木】市中心部を流れる巴波(うずま)川で14日夜、市内に住む外国人らが絵付けしたちょうちんが点灯した。21日まで川面を彩る。

 新型コロナウイルス禍でも作品を通して国際交流をしようと栃木青年会議所(JC)が企画。「Let’s be friends! ~平和と友情のあかりを灯(とも)せ~」をテーマに9月から市内の留学生など約100人の外国人と作ってきた。

 この日は点灯式が行われ、同JC関係者らの掛け声とともに、国旗や花が描かれたカラフルなちょうちん400個が一斉に点灯した。東京都千代田区、会社員益子卓也(ましこたくや)さん(59)は「幻想的。いい日に来た」と夜の蔵の街を楽しんだ。

 点灯は午後7時~9時。雨天時は撤去される。