初戦の相手が徳島市立に決まり、笑顔を浮かべる矢板中央のDF坂本主将(右)と高橋監督=とちぎテレビ

栃木県代表の矢板中央

初戦の相手が徳島市立に決まり、笑顔を浮かべる矢板中央のDF坂本主将(右)と高橋監督=とちぎテレビ 栃木県代表の矢板中央

 12月31日に開幕する第99回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が16日、オンラインで実施され、本県代表の矢板中央(4年連続11度目)は来年1月2日午後2時10分から、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われる2回戦で、徳島県代表の徳島市立(3年連続18度目)と対戦することが決まった。

 矢板中央は14日に行われた県予選決勝で0-0からのPK戦の末に宇都宮短大付を退け、大会史上初の4連覇を達成した。今大会は開閉会式の規模を縮小し、観客の人数制限など感染対策を講じて実施される。