5選を確実にし、支持者から贈られた花束を手にあいさつする福田富一氏(右)=15日午後8時5分、宇都宮市西原町

 5期20年へ-。多選批判をはねのけ、ともに現職が制した15日投開票の知事選と宇都宮市長選。開票率0%の段階で「当選確実」が伝えられる“大勝”に、両陣営は拍手と歓声に包まれた。盤石の戦いで県政史上初となる5期目の切符を手にした福田富一(ふくだとみかず)氏(67)。同市の次世代型路面電車(LRT)整備に異議を唱える相手候補を退けた佐藤栄一(さとうえいいち)氏(59)。「多くの支持を得られた」「さらに大きな責任感で取り組む」。両氏は喜びつつも表情を引き締めた。一方、課題とされた投票率はともに低く県民、市民との距離を感じさせた。

 知事選投票締め切りとなった午後8時。当選確実の一報が入り、無所属現職の福田富一(ふくだとみかず)氏(67)は宇都宮市内のホテルに集まった大勢の支援者を前に深々と一礼すると、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。遊説隊から花束を手渡され、緊張していた表情が思わずほころんだ。

 最初に口に出たのは、福田氏らしい「気配り」。支援を受けた議員や団体などの名前を次々に挙げ、感謝の言葉を口にした。

 相手候補が多選批判を強め、新型コロナウイルスの影響で集会などが思うように開けないなど「非常にやりにくい選挙だった」と吐露する。そんな中、街頭演説に集まった地域の代表者らとの「対話」を重視し、支援拡大に努めた。

 冬季を間近に控え、全国で感染が再拡大している新型コロナ。対策本部会議の早急な開催を明言し、「第3波対策に向け、私が選挙で離れていた間の動向を確認し、県民と協力して感染拡大防止に努める」と、すぐさま“知事モード”に切り替えた。

 公約では治水対策のほか、地域振興や健康づくりを推進するプロジェクトの実施などを掲げた。一方で選挙戦を通じ、各地域が抱える課題も痛感したという。「当選できたが、責任の重さをこれまで以上に何倍も感じている。責任を持ち続けながら、県民に選んで良かったと思ってもらえるよう、取り組んでいきたい」と意気込んだ。