感謝状が贈られた檜山さん(左)

 【鹿沼】道に迷った女性を保護し、事件事故を未然に防いだとして、鹿沼署は13日、那珂川町馬頭、会社役員檜山真(ひやままこと)さん(54)に感謝状を贈った。

 檜山さんは元警察官。6日午後5時半ごろ、磯町の農道を車で走行中に、1人で歩く60代の女性を見掛けた。夕刻に薄着だったことなどから不自然に思い「家に帰れなくて困っているのですか」と尋ねたところ、女性が「はい」と答えたため、車の後部座席に乗せ、警察に連絡した。

 檜山さんは「普段から何か不自然な感じがしたら声を掛けるようにしている。警察学校で学んだ『人の役に立つ』という教えを今後も実践していきたい」と話した。