5選を確実にし万歳する佐藤栄一氏(中央)=15日午後8時6分、宇都宮市簗瀬町

 任期満了に伴う知事選は15日投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職福田富一(ふくだとみかず)氏(67)=自民、公明推薦=が41万6628票を獲得し、元NHK宇都宮放送局長の無所属新人田野辺隆男(たのべたかお)氏(60)を破って5選を果たした。多選への批判を抑え、県政史上初となる5回目の当選を飾った。投票率は前回(33.27%)を5.46ポイント上回り、38.73%。同日投開票の宇都宮市長選は、無所属現職佐藤栄一(さとうえいいち)氏(59)=自民、公明推薦=が11万3025票を得て、弁護士の無所属新人須藤博(すどうひろし)氏(77)=立憲民主、共産、社民推薦=を退け、福田氏とそろって5選を果たした。投票率は41.07%だった。

 現職と新人の一騎打ちとなった宇都宮市長選は、現職の佐藤氏が盤石な支援態勢で組織戦を展開。4期16年の実績を背景に幅広い層の支持を得て、弁護士の新人須藤氏を約5万4千票差で破り、5選を果たした。

 選挙戦では、新型コロナウイルス対策や次世代型路面電車(LRT)事業を含むまちづくりのあり方などのほか、現職の「多選」の是非などを巡り、論戦が繰り広げられた。

 佐藤氏は2022年の開業に向けてJR宇都宮駅東側で工事が進むLRTの整備を軸に、バス路線の再編や公共交通の市内500円上限運賃導入などを訴え、「超高齢社会にも対応できる利便性の高いまちづくり」を主張。さらに、コロナ対策や自然災害などへの危機対応の実績を強調し、多選批判をかわした。

 自民、公明両党をはじめ各種団体から支援を受け、ともに5選を目指す知事選候補の福田氏とも連携。徹底して基礎票固めを図った。4年前の前回、LRT反対を掲げた新人候補に約6千票差まで迫られた経緯を踏まえ、終始攻め手を緩めず、須藤氏を突き放した。

 投票終了直後の午後8時すぎ、同市簗瀬町の佐藤氏の選挙事務所に当選確実の知らせが伝わった。拍手で迎えられた佐藤氏は「新型コロナ対策や人口減への対応を訴え、多くの理解を頂いた。今を生きる市民と次世代の子どもたちのために市政のかじを取っていく」と、5期目への意欲を語った。

 一方、須藤氏は告示日の約1カ月前に立候補を表明。新社会を含む県内野党4党、2市民団体と共闘し、LRT事業の「一時凍結」を訴えて草の根の運動で支持拡大を図ったが、出遅れと知名度不足などが響き、及ばなかった。

 須藤氏は同市京町の選挙事務所で、報道陣を前に「非常に残念。あっという間で、政策を十分に訴えきれなかった」と、声を振り絞った。