明治安田J2第34節は15日、各地で10試合を行い、栃木SCは福岡県北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で北九州と対戦、0-1で敗れた。通算成績は12勝10分け12敗で勝ち点46。順位は11位に後退した。

 栃木SCは21分にCKをDF溝渕雄志が頭で合わせたが枠外。44分とロスタイムには、FWエスクデロ競飛王が決定的なミドルシュートを放ったが決まらなかった。後半2分にはクロスを相手FWに頭で押し込まれ先制点を献上。19分には3人を一気に投入して反撃を試みたが、相手の堅固なブロックを崩せない。37分にはDF瀬川和樹のシュートがクロスバーをたたくなど、最後まで得点を奪えなかった。

 栃木SCの次戦は21日午後6時から、県グリーンスタジアムで水戸と対戦する。