アイスホッケーアジアリーグ・ジャパンカップのHC栃木日光アイスバックスは15日、日光霧降アイスアリーナでひがし北海道と対戦し、ペナルティーショット(PS)戦の末に2-1で競り勝った。通算成績は7勝3敗。

 バックスは第2ピリオド3分32秒に先制点を許したが、第3ピリオド10分53秒にFW大椋舞人のゴールで同点。1-1のまま5分間の延長戦でも決着がつかず、PS戦ではGK井上光明が再三の好セーブを見せ、DFバルテリ・ヒエタネンが決勝ゴールを決めた。

 バックスは21日午後2時から、同会場で王子と対戦する。